​同窓会

​作詞/作曲 木下徹

小さな光が僕らを包み込んだ高校最後の冬の夜
目を細めると夜空にちりばめられた星座たちの瞬きが見える
小さい頃みたいに かくれんぼ
あの日雨上がり見えた Reinbow

世界中で僕らのためだけの プラネタリウムさ 
光がフッときえたとき 夜空を走る気まぐれな流れ星


凍えた両手で握りしめた砂 あふれる涙は僕の頬をつたう
小さな心は張り裂けてしまいそうで 月がそんな僕を眺めてる 
隣で君は 泣いている 
別々の道 進まなきゃならなくて

世界中で僕らのためだけの プラネタリウムさ 
光がフッと消えたとき 夜空を走る気まぐれな流れ星 

夜空を走る… 僕らも走る… 
列車は走る… 僕らを乗せて…
僕らを乗せて… 夜空を走る……

2006

購入ボタン.png

1st.Album

『SKETCH BOOK~TheHighSchoolDays~』 2008.08.04

収録曲

1. 夕焼け電車

2. ありがとう、あなたに

3. 坂道

4. 静かな街

5. 家を出て、今ここで

6. 桜の海

7. ラララ青春

8. 同窓会

9. クサったあなたに!

10 やさしさの橋

11. 流れてたメロディーと

12. タンポポ

13. パパとママはね...

14. テアトル

15. 夏の風

価格¥1500-

Contact

出演依頼/チケットご購入/CDご購入など

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black YouTube Icon

© since 2006 FOLK SINGER KINOSHITA TETSU.  Yamaguchi-Osaka