December

​作詞/作曲 木下徹

君が聞くと笑うだろうから 見ないフリしてしまっておくけど
僕は君と過ごした日々を今も 思い出にはできずにいるみたい

 

僕の部屋の片隅に今も 眠ってる二つのコーヒーカップ
君に贈ろうと結んだリボンは 解く影を失ってしまったね

 

 最後の笑顔がきれいすぎて 夢からまだ覚めたくないまま
 冷たくなってゆく風の中で 君の温もりをどこか探している
 時は流れてゆく わかってるのに

 

あの時も僕はこんな日が来ること 見ないフリしてしまってたけど
二人でいるときに君がよく言ってた 温かさが僕も好きだった

 

あの日から僕が探し続けてた 何かが『君』じゃないとわかったんだ
思い出の中で求めたのは僕の 『君じゃない』という答えだったんだ

 

 そして12月の風に乗せて僕はいま歌ってみるのさ
 君と出会う前と君のいない今と変わったことをひとつあげるなら
 一人で作るパスタも かためになったこと
 時は流れてゆく わかってるさ…

 

2007

1st.Single

『CROSS』 2007.07.21

収録曲

1. am3:05

2. December

3. Pequeno

価格

各¥500-

購入ボタン.png
Contact

出演依頼/チケットご購入/CDご購入など

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black YouTube Icon

© since 2006 FOLK SINGER KINOSHITA TETSU.  Yamaguchi-Osaka