​SONGS


あの日~3.11~
雨つぶとお陽様
​雨模様
ありがとう、あなたに

言い訳
家を出て、今ここで
​一番高い鉄棒の下で

It's no money♪
一発逆転
いつもの帰り道
今はこの道の上


am3:05
​㋔

Okey-Dokey-Day♪


かお
風の来た道

家族のもとへ
神崎川

君にとってのビートルは。

君のいる宇治(まち)
きよし○の夜

クサったあなたに!

​GEN×2

5月

心のグラス
5656280

​㋚
​坂道

桜の海

桜夜汽車

サブタイトル
サンキュー
SunsetBeach
幸せのカケラ♪


静かな街
SHAKING ALL NIGHT

ジャングル
じゃっぱ~ん!JAPAN
終電
庄内マイタウン

think
人機械~ジンマシン~

鈴の音は君の声
still summer

切ない夜に
There is,There are

​​㋞


​たらこパスタ
~金はないが…~

タンポポ

小さな鳥

​小さな幸せ


​つくりかけの歌


テアトル

DearLennon
Decembe
てっさ、ふぐちり、冬が来る
天気予報 - ものは相談 -
天国と地獄

Do you happen to know?

同窓会

HARBOR音頭

パパとママはね...

ヒーロー!

ピクニック気分
氷雨Distortion

BilliardsBalls

ふるさと想ふ昼下がり

ベイサイドストーリー

Pequeno

ベランダ

ボストンバッグ

​ホタルきらめいて


毎朝がつくる幸せ

窓を開ければ表通り
Mam
街の休日

​ムラサキのテーマ

​㋲

モスキート

​モラトリアム

やさしさの橋

夕焼け電車

湯船ノムコウ


四ツ橋ブルース926
​澱みの中

夜な夜な

木下徹が携わった楽曲

沸き出せ!温泉ズ

沸き出せ!温泉ズのテーマ(作詞作曲:木下徹/キシモトジュンイチ)

そのほか

ぼくの夢(作詞:まさひろくん/作曲:木下徹)

​ムラサキ

幸せな結末(作詞:キシモトジュンイチ/作曲:木下徹)

ザ・ポップコーンズ​

ザ・ポップコーンズのテーマ(作詞:圭介Sunrise/作曲:木下徹)

弾けもろこし(作詞:圭介Sunrise/作曲:木下徹)

開歌1000言

開歌1000言のテーマ

まぁだだよ

LOVE&DAYZ

​あなたを想うたびに

 

​雨つぶとお陽さま

​作詞/作曲 木下徹

水面に映るログハウスを見つめていた あの夏の日

あなたに触れたあのときめき思い出すたび幸せになれた

 

  遠くから見てるだけで よかったはずなのに

  何故かしらこんなに胸の奥がほら あなたのそばに近づきたくて

 

星の瞬きさえ切なくて 今 瞳閉じる

願い叶うのなら この気持ち 今 受けとめて ″あなたが好き″

 

 

 

水色の空に吸い込まれて 虹に変わった雨つぶみたいに

あなたという名のお陽様なら 私でもきっと輝ける気がした

 

  もしかしてこの気持ち 気付いてるのなんて

  時々答えのない道の上で あなたの呼ぶ声を探してる

 

星の瞬きさえ切なくて 今 瞳閉じる

願い叶うのなら この気持ち 今 受けとめて ″あなたが好き″

 

星の瞬きさえ切なくて 今 瞳閉じる

願い叶うのなら この気持ち 今 受けとめて ″あなたが好き″

2013.06.14

モスキート

​作詞/作曲 木下徹

足!いつもそこから 腕!まさかあの季節が

首!夢の中まで 顔!やっぱあいつらだ!!

 

  花火もキャンプもデートもクラッシュクラッシュ!!

  気になりだしたらきりがない ニクイやつ

 

モスキート!モスキート!頭の先から指の先までYeah!

モスキート!モスキート!君を!あいつから 守れない!

 

耳!ハワイ帰りの 尻!空港の中で

腰!5日ぶりの 指!近所のスーパーで

  狙った獲物は逃がさない…のかは知らないけど 

  気づいた時には やられてる

 

モスキート!モスキート!頭の先から指の先までYeah!

モスキート!モスキート!君を!あいつから 守れない!

 

ピチカート!ミニスカート!君の可愛らしさもセクシーも wow!

モスキート!モスキート!僕は!あいつから守れない!

2011.08.15

 

​君のいる宇治(まち)

​作詞/作曲 木下徹

息切れも忘れてた あの頃を抱いて 誰もが自分の 列車を走らせる

石畳水を打つ ヒスイの声遠く 車窓からの景色は ゆっくりと変わる

さわらびの道で今 古(いにしえ)に問いかける 

今も昔も変わらない愛が 続いてく

   「ただいま」とあなたが 笑って言えるこの街に

   どこまでも流れてゆく 川を守るよ

   瞼を閉じれば宇治の街 

   思い出もこれからも描いてゆける宇治の街

懐かしい君の声 鼓動が高鳴る 記憶の中 ピースの写真 胸が高鳴る

​アジサイ寺で君が 泣いていたその訳を 今の僕はわかる気がする よみがえる

   「おかえり」とみんなの笑顔触れるこの街に

   鮮やかに広がってゆく 空を守るよ

   瞼を閉じれば宇治の街 

   思い出もこれからも描いてゆける宇治の街

   

   「ただいま」とあなたが 笑って言えるこの街に

   どこまでも流れてゆく 川を守るよ

   瞼を閉じれば宇治の街 

   思い出もこれからも描いてゆける宇治の街

2016.09.22

​サンキュー

​作詞/作曲 木下徹

町の音ってやつがまだいない朝 始発待ちのホームで

やり過ぎた夜の代償ってやつだ 頭がまだ痛い

思い出せることが失敗だらけだ 逆よりはマシなんだろう

ひととおり朝に言い訳がすめば 思い浮かぶのは君

  

   靴紐をちゃんと結び直して 深く息を吸う

 

サンキューこれまで サンキューこれから サンキュー嗚呼いつも

 

「誰かと同じそれでもいいや」と 呟けるような午後

力を抜かなきゃ見えない景色だ ホットコーヒーを飲む

風が吹いてる 花の香りだ 少年が走ってく

いつまでもここにいられる訳じゃない 明日が待っている

 

   背伸びをしてたら歩き出してた 君もここにいる

 

サンキューこれまで サンキューこれから サンキュー嗚呼いつも

サンキューこれまで サンキューこれから サンキュー嗚呼

サンキューこれまで サンキューこれから サンキュー嗚呼

サンキュー嗚呼

2011.09.28

 

​DearLennon

​作詞/作曲 木下徹

君もそうなのかい? 歩き疲れたのかい?

先の見えない時代さ 僕だってそうなんだ

何が足りないとか 心がつながってないとか

本当にそうかなむしろ あふれかえっておぼれそうだよ

   揚げ足をとることばかり 教えてくれるニュースや

   眠れない眠らない夜を 加速させるものが あふれる世界さ

許すことから始まる気がする 人も過去もこの時代さえも

信じることから動き出すのさ 時間も心も そして僕らも

力を合わせること 心をさらけだすこと

恥ずかしいっていうけれど 本当にそう思うかい?

我が物顔で誰かの心を傷つけること

どちらが恥ずかしいこと 取り返しのつかないこと

   つられて笑った そこにいない誰かの悪口で

   後悔だらけの毎日さ 弱い自分に嫌気がさしてる

許すことから始まる気がする 人も過去もこの時代さえも

信じることから動き出すのさ 時間も心も そして僕らも

変わることから生まれる気がする 愛も気持ちも新しい何かも

「あいつはDreamerだ」と馬鹿にされても 夢見る気持ちを忘れないで

​信じた何かを捨てないで

2010.03.19

​一発逆転

​作詞/作曲 木下徹

そんな顔してたんじゃ 君のためのラッキーも
空に逃げて消えちゃうよ シャボンの泡みたいに
笑える話聞いてくれよ 昨日のことなんだけど
こうやって僕のラッキーを分け合えるのっていいじゃん

 

   七転八倒 七転び八起き 人生は君次第
   口をとがらしていじけてないで たまには外でも歩こうぜ

 

一発逆転 それが僕らの合言葉 太陽を味方に
一発逆転 不可能はない 確率なんかは今も変わってる


どんなに悔しい言葉も 不条理な現実も
恨みつらみもなんのその やさしさの燃料さ
あの湖の白鳥が優雅に泳ぐように 
見えないとこでも必死に 頑張ってるの知ってるよ

   品行方正 聖人君子 完璧も人次第
   君なりの愛でカウンターパンチ たまにはバシッとキメようぜ

一発逆転 それが僕らの合言葉 鼻歌は忘れない
一発逆転 くじけそうでも 歩みはとめない道は続いてる

 

一発逆転 それが僕らの合言葉 太陽を味方に
一発逆転 不可能はない 確率なんかは今も変わってる
確率なんかは今も変わってる 確率なんかは今も変わってる

2017.01.30

 

​サブタイトル

​作詞/作曲 木下徹

歩道橋の上から12時半を投げ捨てて 君との時間を少しだけ止めてみたいと思った

2013.06.14

5月

​作詞/作曲 木下徹

歩道橋の上から12時半を投げ捨てて 君との時間を少しだけ止めてみたいと思った

2013.06.14

“毎朝”がつくる幸せ

​作詞/作曲 木下徹

歩道橋の上から12時半を投げ捨てて 君との時間を少しだけ止めてみたいと思った

2013.06.14

GEN×2

​作詞/作曲 木下徹

歩道橋の上から12時半を投げ捨てて 君との時間を少しだけ止めてみたいと思った

2013.06.14

think

​作詞/作曲 木下徹

歩道橋の上から12時半を投げ捨てて 君との時間を少しだけ止めてみたいと思った

2013.06.14

レモンスカッシュ

​作詞/作曲 木下徹

歩道橋の上から12時半を投げ捨てて 君との時間を少しだけ止めてみたいと思った

2013.06.14

​神崎川

​作詞/作曲 木下徹

神崎川に君を連れて来たかったな

お気に入りの木の下で川面を見つめてさ

散歩にくるんだ大きな犬を連れて

もう少し温かくなったらさ

あ、そうだ三国駅前の商店街を覚えてる?

お洒落とは言えない、でも素敵なところさ

最近流行りのエコブームにのっかるわけじゃないけれど

あそこで折りたたみ自転車でも買おうかと思ってるんだ

  

  ナナホシテントウが僕のひざにとまる

  何か一つ願い事でもどうぞってのかい?

  叶わない願いだけどきいてくれるかい?

  春を待つ風の中 神崎川

  春を待つ風の中 神崎川

 

今日も僕は夜勤前のベッドの中で

君の笑顔ばかり思い出して眠れずにいる

洗濯機の中みたいにグルグルまわってるんだ

いっそのこと全部しぼり取って渇いちゃえばいいのにさ

 

  琥珀色のたんぽぽが風に揺れる

  胸の振り子が不本意にうなづいて

  つまら   ない話だけどきいて くれるかい?

  春を待つ風の中 神崎川

  春を待つ風の中 神崎川

 

  ナナホシテントウが僕のひざにとまる

  何か一つ願い事でもどうぞってのかい?

  叶わない願いだけどきいてくれるかい?

  春を待つ風の中 神崎川

  春を待つ風の中 神崎川

2010.04.11

​街の休日

​作詞/作曲 木下徹

歩道橋の上から12時半を投げ捨てて 君との時間を少しだけ止めてみたいと思った

2013.06.14

​人機械 - ジンマシン -

​作詞/作曲 木下徹

それは突然 何のまえぶれもなく 全身を痒みが襲う

だけど必然 君の身体が放つ 捨て身のS.O.S.

  僕らヒューマンだって 精密に創られた

  神が与えし 人の機械と書いてそう…

ジンジンマシン!ジンマシン! 全然マシになりません

​ジンジンマシン!ジンマシン! 原因不明ですいません

​ジンジンマシン!ジンマシン! 我々の名前は…そう!人機械 - ジンマシン -

それは偶然 ハメを外したAllNight 全身がボコボコに腫れる

違いは歴然 あまりの出来事に みんなの酔いも一瞬で冷める

  僕はヒューマンだって 危害は加えないって!

  偏見のコワさを 身をもって知る…

ジンジンマシン!ジンマシン! 全然マシになりません

​ジンジンマシン!ジンマシン! 原因不明ですいません

​ジンジンマシン!ジンマシン! 我々の名前は…そう!人機械 - ジンマシン -

ジンジンマシン!ジンマシン! 急性、慢性、コリン性

​ジンジンマシン!ジンマシン! アナフィラキシーは危険です!

​ジンジンマシン!ジンマシン! 我々の名前は…そう!人機械 - ジンマシン -

2017.09.09

パパとママはね...

​作詞 木下文雄 作曲 木下徹

今日は君のお誕生日 あの夏、君は虫アミ持って公園へ
アブラゼミがヒグラシの声に 変わっても君は帰ってこなかった

 

  見つかったのは麦わら帽子だけ…

  見つかったのは麦わら帽子だけ…

 

年とって、年とって、天国に行ったとき 君はパパとママがわかるだろうか?
年とって、年とって、天国に行ったとき パパとママはすぐに君がわかるのに

 

 

今日は君のお誕生日 あの日からパパとママの時間は止まった
弟も妹も、こんなに大きくなったのに

  

  君のケーキの上のローソクは七本のまま…

  君のケーキの上のローソクは七本のまま…

 

年とって、年とって、天国に行ったとき 君はパパとママがわかるだろうか?
年とって、年とって、天国に行ったとき パパとママはすぐに君がわかるのに

 

 

今日は君のお誕生日 あの日からもう何年たったのだろうか
今日もパパとママは、ヒグラシが鳴くまで公園にいた

 

  あの日一緒にいてやれば、あの日雨が降ってれば...

  あの日一緒にいてやれば、あの日雨が降ってれば...

 

年とって、年とって、天国に行ったとき 君はパパとママがわかるだろうか?
年とって、年とって、天国に行ったとき パパとママはすぐに君がわかるのに

 

 

  人はもう自分を責めないで、ほかの子がいると言うけれど…
  もう自分を責めないで、ほかの子がいると言うけれど…

年とって、年とって、天国に行ったとき 君はパパとママがわかるだろうか?
年とって、年とって、天国に行ったとき パパとママはすぐに君がわかるのに

 

年とって、年とって、天国に行ったとき 君はパパとママがわかるだろうか?
年とって、年とって、天国に行ったとき パパとママはすぐに君がわかるのに…
パパとママはすぐに君がわかるのに…

2005.01.29

ヒーロー!

​作詞/作曲 木下徹

どこからともなくやってくる 困ったときの僕のヒーロー!(ヒーロー!)

強そうじゃない本当頼りない だけどカッコいい奴さ!

いつも自分のことよりも 人の為を思ってるヒーロー!(ヒーロー!)

ドロだらけになりながら いつも誰かを守ってる

 

      

  アイツみたいになりたくて

  アイツみたいに生きたくて

  アイツはとてもまぶしくて

ヒーロー!(ヒーロー!)ヒーロー!(ヒーロー!)

カッコいいくせにカッコつけないお前は

ヒーロー!(ヒーロー!)ヒーロー!(ヒーロー!)

にくめない奴さ 僕のヒーロー!

 

正直すぎてバカを見る 涙は心で流すヒーロー!(ヒーロー!)

女の子にはめっぽう弱い そのわりにやけにはりきる

時には失敗したりする  おっちょこちょいなのさヒーロー!(ヒーロー!)

でも舌出して笑ってる とても照れくさそうに

  アイツみたいになりたくて

  アイツみたいに生きたくて

  アイツはとてもまぶしくて

 

ヒーロー!(ヒーロー!)ヒーロー!(ヒーロー!)

カッコいいくせにカッコつけないお前は

ヒーロー!(ヒーロー!)ヒーロー!(ヒーロー!)

にくめない奴さ 僕のヒーロー!

 

ヒーロー!(ヒーロー!)ヒーロー!(ヒーロー!)

カッコいいくせにカッコつけないお前は

ヒーロー!(ヒーロー!)ヒーロー!(ヒーロー!)

にくめない奴さ 僕のヒーロー!

 

かっこいい奴さ僕のヒーロー! かっこいい奴さ僕のヒーロー!

2006.00.00

天国と地獄

​作詞/作曲 木下徹

蹴飛ばした空き缶の先 何をやっても 見えない明日

酒のちからで唄を紡げば 見えてくる いつもの幻想

  神様がよこした俺の人生が 何かを学ぶ為のものなら

  昨日通りすがりの宗教かぶれを見ていて いやになって気付いた

 

天国が生きてるいまより 最高だなんて 

地獄がこの世の何もかもより 最低だなんて

生きてるうちは幸せも不幸も あの世以下だなんて

そんなことないさ この世は 最高で最低さ

 

町でばあさんがナケナシの金 行ったこともない国の子供らの為

人の心を何とも思わない 腐りかけた奴の ヨルに消えてく

  神様がよこした俺の人生も いつかは終わる日が来るなら

  押し売りにされた あの世行きのチケットを 叩き返して言うのさ

 

天国が生きてるいまより 最高だなんて 

地獄がこの世の何もかもより 最低だなんて

生きてるうちは幸せも不幸も あの世以下だなんて

そんなことないさ この世は 最高で最低さ

 

天国が生きてるいまより 最高だなんて 

地獄がこの世の何もかもより 最低だなんて

生きてるうちは幸せも不幸も あの世以下だなんて

そんなことないさ この世は 最高で最低さ

2011.09.28

Contact

出演依頼/チケットご購入/CDご購入など

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black YouTube Icon

© since 2006 FOLK SINGER KINOSHITA TETSU.  Yamaguchi-Osaka